血流を良くするサプリが巷で人気です|脈々と流れる血

適正な血圧を維持しよう

メディシン

ナトリウムの過剰摂取問題

高血圧のおもな原因は塩分の過剰摂取です。塩分を摂りすぎると血液中のナトリウムの量が適正値を超えて多くなります。塩分を摂りすぎたときにのどが渇くのは、この血液中のくずれたミネラルバランスを修正しようとする体の機能が働くためです。塩分の多い食品が好きな人は、こうしたことをたびたび繰り返すうちに血管の壁に負荷がかかってもろくなることがあります。したがってナトリウムに傾きがちな血中のミネラル濃度を適正にすれば、高血圧を改善することができます。血液の中にはナトリウムとカリウムがバランスよく存在している必要があります。そのため、カリウムが不足している人はサプリメントでカリウムを補うと高血圧の予防や改善に効果的です。

DHAとEPAの効果

高血圧になっている人の血管は多くの場合健康な人とくらべて硬くなっています。青魚などに多い健康成分であるDHAには、血管壁の細胞を柔軟にする作用があります。また、同じく青魚に多く含まれているEPAには、動脈硬化によって血管の内側にできた盛り上がりに作用して改善する働きのあることがわかっています。DHAやEPAはサプリメントで効率的に摂れるので、高血圧によって動脈硬化のリスクが高くなっている人にはDHA・EPAのサプリメントがおすすめです。また、肉類を多く食べる人の血液中にはアラキドン酸という脂肪酸が多くなっています。このアラキドン酸が多いと血栓ができやすくなることが知られています。血栓ができると血流が阻害されて高血圧の危険がますます高まりますが、EPAには血栓ができるのを抑止する効果もあるのです。こうしたことからも、高血圧の人はDHAやEPAをサプリメントで摂ることが望ましいといえます。